医者と患者の相談
腰痛の女性

交通社会

現代社会において、自動車に乗る方は、たくさんいます。交通社会である以上、たとえ自動車に乗らなくとも、歩行者であるとしても「交通事故」に遭遇する確率は高くなっているのです。

この記事の続きを読む

病院で検査

生活習慣を改善する

生活習慣によって身体の不具合が引き起こされることは少なくありません。肩こりや腰痛などの不具合を防ぎ健康的な身体を維持するためには、整体だけでなく生活習慣の改善も重要なのです。

この記事の続きを読む

腰痛治療

骨盤とは

骨盤治療を受けて体の不調を改善する人は多いのですが、骨盤とは何か詳しく理解している人は少ないでしょう。男女の違いや正しい位置を維持する重要性を学ぶことがまずは大切です。

この記事の続きを読む

腰を気にする男性

美容鍼灸

体の治療やケアとして「鍼灸治療」を受ける方は、たくさんいます。実は、その鍼灸治療とは、体をケアするのに効果があるだけでなく、美容にも効果がある治療でもあるのです。

この記事の続きを読む

治療メリット

椎間板ヘルニアはレーザー治療がオススメです。症状は数週間で収まる為体に負担は少ないです。外科手術がしたくない方に最適です。

腰に絵を当てる男性

椎間板とは、腰の椎骨の間に挟まれている軟骨のことです。軟骨にはゴムのような弾力があり、椎骨の動きに合わせて形を変化させます。しかし負担のかかっている状態が続くと、押しつぶされた形のまま、元に戻らなくなります。押しつぶされることではみ出た椎間板が神経に触れると、それが刺激となって痛みが生じることになるのですが、これが椎間板ヘルニアです。 椎間板を押しつぶすことが原因ですから、椎間板ヘルニアは腰に負担を与えないような生活をすることで予防できます。また、発症したとしても、はみ出た椎間板を神経を刺激しないような形にすることで、治すことができます。温熱療法や牽引療法で椎間板の形が整えられることもあるのですが、そうではない場合には、外科療法が必要になります。

椎間板ヘルニアの外科療法は、手術またはレーザー治療によっておこなわれています。 手術の場合は、椎間板のはみ出ている部分を切除するという形でおこなわれます。全身麻酔をした上で切開および切除をすることになるので、数日ほどの入院が必要です。 ところがレーザー治療の場合は、腰から椎間板に針を入れ、そこからレーザーを照射して椎間板の中の髄核を蒸散させるだけで済みます。髄核が蒸散されると、椎間板は多少縮み、それによってはみ出た部分が引っ込むのです。レーザー治療は全身麻酔ではなく局部麻酔でおこなわれるので、日帰りが可能です。 体への負担が少なく、仕事などを長く休まなくても済むので、昨今では椎間板ヘルニアをレーザー治療で治す人が増えてきています。